18 1月, 2011

the last

教室の空気


本当は今日が最後の授業だったのですが
休講になってしまいました
-
それは即ち この大学生活が試験を残すのみになったということで
それはもう また訪れると思っていた時間に終わりが来るということで
それはなんだか 華々しいことであるようで
それはなんだか 物悲しく寂しいことであるようで
-
用事があるので、卒業まで毎日大学に行くのですが
それはやっぱり”いつもの”学生生活とは少し違っていて
-
振り返ってみると、本当に長かった でも短かった
たくさんの人に ここを訪れてくださる方にも
助けられて励まされてここに居るのだと思います
-
今この瞬間の私につながる全ての思いに、
この1枚の写真につながる全ての方に感謝です
-
最後の試験はかなり厳しいので かといって
寂しいから学生延長するわけにもいかないので 頑張ります.
-
頑張れる ということにも そういう機会を与えられていることにも 感謝.
感謝させてくれる周り全てに 感謝.