29 12月, 2010

goodbye days

颯爽と疾走

だいじょうぶ まだ頑張れる
暗闇の中ほど 光は眩しく見えるから
走っていけるよ 希望の方へ
もしも そこに着けたなら
その背中に手で触れたなら
我慢しなくていいですか 泣いても許してくれますか
-
走っていけるよ まっすぐそこへ

空の下で夢を見上げる

つながってるよ

ずっとそばに 君のそばに

25 12月, 2010

少しでも君に届いてほしいから

ピアノとひだまり

まるでピアノの件番みたいな陽だまりだなあと思って パシャリと1枚
今日はクリスマス
幸せを音にして奏でられたなら
世界中に届くように大きな音で  響かせたいのに
美しい音色を君に 奏でたいのに

^
愛してやまない 世界に捧げる 私の詩を

24 12月, 2010

21 12月, 2010

海星

放つ


光が導くその方へ
迷わず進んでいけたら と

in the sky

果てまで

友達でもない恋人でもない家族でもない
その人のことを 考える
繋いだその手も 触れた頬も
さよならなんて言えないから 今
空に想いを馳せるだけ
雨の涙に変えて 夜

20 12月, 2010

窺う


仲間に入れてほしいわけじゃない
 ただ 愛されたいだけ

19 12月, 2010

18 12月, 2010

you

せいいっぱい 背いっぱい

「ねえ 頑張っても 手に入らないの」
その娘は云った
ちいさなちいさな その手を 差し出して 
掴みたいのと ちいさく云った
-
彼女がほしがったのは ことばとまなざし それと 愛
滑稽ですか 哀れですか
それでも愛してほしくて手を伸ばす
きっと 愛される いつかのために
ちいさなちいさな その手を そっと

16 12月, 2010

cron

往時を偲ぶ

スケジュールまっくろ
あたまのなかまっしろ
ぐるぐるぐれい
白濁 濁色 混濁 
汗だくだく


15 12月, 2010

cross over

不完全を愛して

私を映して撮った ひと
私の瞳に あなたは こう映る
-
完全なんて程遠い
誰も皆 旅の途中に 彷徨うばかり
それでも愛して 愛されて
絆を強めて 深めて 壊さない
不完全さを愛してほしい
足りないところは気持ちで紡いでいけるから
-
どうか
-
尊い想いを 離しはしない
いつまでも
果てない旅へと 
さあ

14 12月, 2010

i

bitter and sweet


苦いのも甘いのもそれはそれで結構似てて
いろんなことが 背中合わせで 向かい合わせで
辛さも 一味加えれば
幸せって字に なるように
くるり 廻って 元通り

8888

両手いっぱいの蒼を


昼夜溶けあう最中で見たのは
稜線にかかる眩しい朝陽
-
たくさん集まる想いを胸に 背中に背負ってひたすら歩く
心はここに 想いもここに
気持ちが気持ちで終わらぬように
一夜の夢を誠に変える その為に
私が私であるために

13 12月, 2010

闇に光る


夜空の星と 人は似てると ふと思う
小さく弱くて 目を凝らしても まるで見えない光もあって
傍にいるのに 何億光年先にいる
近くて遠くて するりと手から 零れてく
だけど
- 
むしろ だから
 ずっと居場所がほしかった
光っていい場所 光れる自分
弱い 光を 消さないで そのまま見守る温かい人
-
ようやく見つけてくれたから
ようやく居場所があったから
大切にずっと 光りたい
照らせるように 輝くように
世界中で 君だけに 届けたい 言葉がある 光がある
ありがとう ごめんね やっぱりありがとう
-


10 12月, 2010

あの日の

兆し

辛苦を受けても 深紅に変える

新たな息吹に託した想いは遠く
それでも確かに息づくように
命は巡る 想いをのせて
-
たった一つの希望に託す 姿に見惚れてしまう
愚かで 無垢で 愛おしい
真紅の真実

09 12月, 2010

震える

のったりすやすや


もう頑張らなくても いいですか
ここにいても いいですか
俯いてそれだけを繰り返す
助けてほしくて
気付いてほしくて
誰か



I clawled into your bed seeking warmth.

ほっとホット


ひとりで白さにうずもれてると
心が凍る 体が軋む そんな音しか 聞こえなくなる 
窓のむこうに 広がる冬と 部屋のこちらで広がる冬は
似ているようで 違うもの

病室から見る
ひとりの 冬

08 12月, 2010

サヨナラに色を

彩り

 役割を果たした証に 染まる 赤
もしも私が染まるなら もみじと同じ赤がいい
記憶にとどめてほしいから
せめて 思い出の中でくらい
光ってみたいと 思うから 

07 12月, 2010

sang as sweetly as a nightingale

言いたげ

檻から出たいと 思っていたのに
扉が空いたら 翼がないと 気付く鳥
そよりともしない 凪の中
隣の籠で ナイチンゲールが一声あげた

再び閉まる扉を 背にして
鉄格子 狭間 白い鳥

さよなら 世界
さよなら 太陽

あとはただただ見上げるばかり
何もない空 美しすぎる世界の中で
乾いた涙と さえずりの 一羽

覗き込んで見たものは…

04 12月, 2010

言葉を



かぼちゃクッキー完成!

クッキーをゆっくり口の中で 溶かしてると
優しい味がしました.
不器用だから うまくできないんだけど
大切な人たちを優しさで
包んでいけたらって思う.
このクッキーみたいに広がる優しさを
持てたらって.